会社     一般社団法人 Islandscare

所在地   

 本社:東京都小笠原村母島字静沢わんとね3F

  父島営業所:東京都小笠原村父島字北袋沢

              

代表者   代表理事 川口 大朗

設立      2015年3月19日

事業内容 1.自然環境調査

     2.環境教育

               3.地域振興 

 


Vision

小笠原の素晴らしい自然環境と文化を次世代に引き継ぎ、子供達が誇りを持って外の世界に羽ばたける島へ。

 

Mission

自然環境調査、環境教育、地域振興の分野で滞っていることに気を配り、手助けすることで、島がより楽しくなるような提案を行う。

 


 

自然環境調査

失われつつある小笠原の自然環境を保全するため、小笠原の海や山に精通した専門スタッフが調査を行う。また、小笠原の自然環境保全につながる研究に対して協力を行う。

 

・環境教育

小笠原の自然や文化を幸世に引き継ぐため、地元の子どもたちや島外からの来島者に対して、固有の生物や生態系、小笠原の文化であるカノー(アウトリガーカヌー)の普及啓発や情報発信を行う。

 

・地域振興

小笠原の入植直後からあるカノー文化(アウトリガーカヌー文化)の復興活動を通して、地域の活性化を図る。

 



 今すぐに動かなければ、オガサワラカワラヒワの絶滅を回避することはできないと考え、地元のNPO(小笠原自然文化研究所)と協力して「オガサワラカワラヒワPHVAワークショップ」を開催することにいたしました。

 

 コロナ禍であるため、ほとんどの方がオンラインで参加していただくようになりますが、島民、専門家、行政、実行委員会、事務局スタッフなど、保全に関わる方々、100名程度で議論することになります。みなさまと一緒に、この小さな鳥をどのように絶滅から救うかを考えていきたいと思っています。

 

                まずは、日本固有の鳥と考えられるオガサワラカワラヒワが、絶滅

               しようとしていることを、多くの方々に知っていただくことが、保全

               対策を進め上で大きな原動力となります。下記のHPのリンクやSNS

               等での情報発信にご協力をお願いいたします。

 

               『オガサワラカワラヒワ-絶滅阻止限界点への挑戦-』

               https://ogasawara-kawarahiwa.jimdofree.com

「オガサワラカワラヒワ」

 近年、小笠原諸島で絶滅が最も危惧されている鳥、オガサワラカワラヒワを多くの方々に知っていただくために、ステッカーを作成しました。島内外のイベントなどで、来場者にお配りしています。皆さんに、この鳥のことや現状を知っていただき、少しでも保全対策が進んでいけばと考えています。

 デザインは、切り絵をベースに、オガサワラカワラヒワの特徴である嘴を大きく作ってもらいました。黄色い丸は、繁殖地の島の数を表しています。丸の数が増えていったらいいな〜との思いも込めています。今後は、より多くの方に知ってもらうために、ロゴをダウロードしたりできるようにしていきたいなと思っています。

 

              ちょっと地味だけど・・・

                 とっても貴重な鳥、オガサワラカワラヒワをみんなで守ろう!

                                        (2020.5.25)

 

母島にて第五回母島カノー大会が開催されました。弊団体も毎年共催しており、賞品等の協賛だけでなく運営にも協力しています。今年は36チーム108名の方に島内外から参加していただきました。年を増すごとに技術も向上しており、今年も大いに盛り上がりました!(2019.9.22)

 

日本鳥類学会2019年度大会の自由集会に参加しました。小笠原で一番やばい鳥:オガサワラカワラヒワを絶滅の淵から救う!と題して、各専門家が様々な角度からオガサワラカワラヒワの現状を紹介しました。ちょっと地味な鳥ですが、世界でここ母島と南硫黄島にしかいない固有の鳥であることが最近の研究でわかってきました。この鳥の現状を多くの人に知っていただき、保全対策を少しでも進めていけるように、私たちも島から引き続

                                      き情報を発信していきいと思います。(2019.9.13)